あたりまえにスピリチュアル

自分らしく日々を楽しもう! より高い意識で生きるための気づきメモ

自分軸に戻すー"目覚める"と決めたら…外側に捉われない、一喜一憂しない…/統合ワーク

スポンサーリンク

 

 

このところ、いわゆる

意識の"目覚め”を促すメッセージを伝える

関野あやこさん再びや、新たに並木良和さんといった

YouTubeを見聞きするようになって、

話もそれが多いね。 

 

最近、あらためてあやこさんの映像を見直して、

当時(2011~2012年頃)は、わかってるつもりで

ほんとのところはわかってなかったんだな、

ということがわかる(-_-;)

これは、クリサイト(透視スクール)を卒業して

10年も経って、今ならよくわかる、というのと同じかも。

もちろん、意識が変わる段階というのはあるから

当時だって、それなりに学んだことはあるわけだけど

やはり、その後さらに実生活や体験を通して、それに応じて

あるいは、変わらざるを得なくなって、

人って変わっていくのね

ということ。

レバナ先生が私たちに卒業時に言ったのは

「スクールは、スピリチュアルな世界における

幼稚園だと考えています。」

 だったんだよね。今なら、それも頷けるわ。

 

f:id:koboaoineko:20190308115253j:plain

          「こらーじゅのおもちゃ箱#14より」©工房"青い猫"

 

ところで、

周りの人や世界に翻弄されているかのように感じた

今までの眠っている状態から、本来の自分、

宇宙意識と繋がっている、"目覚めた"意識へとなるには

どうするの、って思う人もいるかもしれません。

 

さて、目覚めると決めたら

 

あやこさんが当時から、よく

外に意識を向けず、内側

自分に戻すこと、

そうなると、世間話もしなくなるはず、って

言ってたっけ。

 

外側の現実にとらわれないこと

一喜一憂しないこと

ドラマにはまらない

問題を問題視しない

人に合わせるのを止める

頭で考えない、ハートで感じる

気持ちよく過ごす

心地よくない意識(周波数)を手放す

(無価値感、罪悪感、被害者意識、不安・恐れ…)

 

要は、他人軸から自分軸へ

意識のフォーカスを戻していくこと

 

並べてると、簡単そうだけど

一喜一憂しないとか

外側を気にしないって

今までずっとしていたら

しばらくチェックし続けても

たぶんまた戻りそうになり、

また気づいてやめる…の

繰り返し、要トレーニングだからね。

絶賛取り組み中~(^^♪

 

でいらない周波数を手放すには

実際のエネルギーワークとして

統合とかが有効なんですね。

 

あやこさんがアンフィニで統合とその意味について

説明していたものがありました。

 


アンフィニの統合のワーク1Practicing the Infini Method Integration

 

お二方のワークショップ映像などでも

よく出てきますし、目覚めに関しては

並木さんの本がわかりやすいですね。 

 

ちなみに、並木さんの本については

ミランダ(本ブログ)に載せました。

 

himitsunaniwa.hatenablog.com

 

 

 

☆それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

 ※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

  メディスンカードで読むオーラリーディング、

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 ただ今、新メニューのキャンペーン中!

 

 クリックしてね♪


人気ブログランキング  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

ありがとうございます!