あたりまえにスピリチュアル

自分らしく日々を楽しもう! より高い意識で生きるための気づきメモ

統合疲れ?/執着を手放せば広がり、本質へ目覚めていく/新時代のお手本ー並木良和さん、はせくらみゆきさん

スポンサーリンク

 

 

 

ラクルカードのメッセージを

別のところで載せているけれど

昨日はインドのヨガの教典でもある

バガヴァッド・ギーターカードを引き、

「エゴからの執着を手放す」という内容でした。

 

healers-garden.hatenadiary.com

 

そして午後から、YouTubeで新着の

並木良和さん関連のものを聞いていたら(音声のみ)

内容がシンクロしていたので書き留めておこうと…。

 

最近、より高い意識への目覚めるための

統合ワークに疲れるという人が

少なからずいるので

そのことにまず触れてました。

これもちょうど前回、こちらで

何で、こうしたワークをやるのか

Kan.さんの話をとりあげてましたが

そもそもの自分の動機をあらためて確認する

必要があるということですね。

 

これは関野あやこさんも言っていたように

現実を変えるためにやると、その先へと進む

モチベーションが持続しません。

変わろうが変わるまいが、自分の本質へつながりたい、

より大きな意識へと目醒めたいという軸がないと

ブレてしまうんですね。

まあ、その通りでしょう。これでいいと思ったら

そこまでなんですから。

しかし、成長と拡大・発展には限りがないので

上へ行ったと思っても、更にその上があるわけです。

どこかで何かに執着があれば、その重たさで

そこから上がれなくなります。

逆に言えば、執着しているものを手離せれば

上がっていくというシンプルなものなのでしょう。

 

この辺りを、吉野さんによる三人会で

例によってとても明確に

並木さんが語っています。

 


20190317 並木先生とディスカッション①

 

15:40~

 

統合っていうのは

もともとの本当の僕たちの意識を思い出すって

ただそれだけなんですね。

だから、これに疲れるってことは

絶対にありえないことです。

もしあなたが疲れているのであれば

それは目を醒ますための統合ではなく

現実を変えるための統合になっているから。

 

だからもう一度、自分の統合のスタンス、

自分は何のために統合しているんだろうって

いうことをもう一回明確にするということが

とても重要。

 

簡単にいうと

執着っていう表現をするんだったら

執着を手放して広がっていくだけなんです。

僕たちは肉体が自分だって思っている人が

とても多くいます。

でも肉体は僕たちではなくて

広がった乗物でしかない

僕たちの意識はそれを抱え込み

さらに地球まで抱えるほどなのに

執着があることで広がれない状態が

眠っている状態なんです。

 

だから何か執着に気づいて

あ、これ手放そうって

それを手放して広がっていく 

また執着に気づいたら

手を放して広がっていこう

ただ広がっていくだけなんですね。

・・・  

これをくり返していくことで

皆さんは本当の意識に目を醒ましていく。

 

 

吉野氏による三人会での

この並木先生とディスカッションでは

はせくらみゆきさんも登場しています。

ちなみに、部屋にアーティストであるみゆきさんの

カレンダーを飾っているんですけど、

出てるエネルギーがすごいです!

宇宙人的なすごい組み合わせで(笑)

面白い内容にもなっていました。

吉野さんはこれ、本にするって言ってらしたね。

 

 


20190317 並木先生とディスカッション②

 

たぶん、これを聴くと

これまでの常識は通用しない世界が

もうそこまでというか、一部では既に

現れているのに気づかれるかもしれません。

 

より高い視点から、

客観的に俯瞰できるようになると

これまでの社会常識や概念は

意味をなさなくなっていくでしょう。

 

ただ、感情移入するのが当たり前という

これまでドラマの世界を生きていると、

こうした醒めた客観性は、当初

冷たいとかドライと人間的でないとか

感じるかもしれないのもわかります。

自分もそうだったし、概念や意識を新たに

変えるのは時間がかかることも

あるから。

個人的には、今回の話を聞いたあと

レバナ先生が以前

ハイヤーセルフには感情がないといっていたことが

ああそういうことだったかと、ふと思い当たりましたが(笑)

 

さて、話を戻すと

並木さんは

欲望や何々したいというのも執着ですか?

という質問にキッパリと、そうですと

答えています。なぜなら

私たちはこうなってほしい、あれがほしいと

自分の思い通りにしたいというエゴがあるからです。

何かを思いついて望んだとしても、まあ

そのようになっても、ならなくてもいい、という

スタンスなら、それは執着のない在り方となるわけですね。

これは、レーネンさんもよくメッセージで伝えられています。

結果にこだわらないで、ただ行動するということです。

いずれにしても、旧来の

これまでの意識からの転換が必要になっているんですね。

 

 

☆それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

 ※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

  メディスンカードで読むオーラリーディング、

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 ただ今、新メニューのキャンペーン中!(4月末まで)

 

 

ティータイム・ヒーリング・サロンの

 ホームページがリニューアルしました~!  

f:id:koboaoineko:20190322112723p:plain

 

 

 クリックしてね♪


人気ブログランキング  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

ありがとうございます!