あたりまえにスピリチュアル

自分らしく日々を楽しもう! より高い意識で生きるための気づきメモ

「アウト・オブ・シャドウズ」ハリウッド内部者によるドキュメンタリー

スポンサーリンク

 

 

今朝

ツイッターのラインで知って

このドキュメンタリーを

見ました。

f:id:koboaoineko:20210502130409j:plain

ここで紹介している一連の内容にも

通じるので、アップしておきますね。

 

ニコニコ動画にあがっています。

 

  

25:32

ペーパークリップ作戦について

人々は知る必要があります。

隠蔽されて 馬鹿にされて 見下されて

陰謀論だと言われていましたが

陰謀論」という言葉も

実はCIAがつくったのです。

ケネディ大統領暗殺事件について

人の注意を逸らすために

人が注目したり 正式発表を疑って操作するのを

阻止する目的で その言葉がつくられたのです

彼らが始めたのです

ペーパークリップ作戦に関しては

記録もあり 疑う余地はありません

 

32:14

大衆をマインドコントロールして

偽の歴史を教えようとしているのです

CIAがハリウッドに情報を与え

ハリウッドがそれを映画にすると

大衆はそれを信じるのです

 

つまり

私たちが生まれたときから

彼らは私たちを鈍感にさせようとしています

大きな例を挙げると

考えもしないで使っている言葉があります

 

「エンターテインメント」という

言葉です

「エンターテイン」という動詞は

「縛って保持する」という意味です

何を保持するかというと

観客の注目です

 

「ハリウッド」という言葉も

「ハリウッド」は

ヒイラギの木を意味します

古代のドルイド

ヒイラギの木で杖を作って

まじないをつくり出したり

人に呪いを送ったりしたのです

助けが必要なときは

霊媒師に頼み

魔術を行ってもらうのでした

 

現在を見ると

家庭にある黒い箱は

TVで ゆっくり読むと

Tell a Vision(幻を伝える)です

テレビジョンです

テレビジョンをつけると

「チャンネル(霊媒)」のリストが

出てきますよね

チャンネルを選ぶと

チャンネルには

何が映っていますか?

プログラム(番組)です

彼らはあなたをプログラムしようとしているのですよ

 

生まれた時からずっとプログラムされていても

私たちは気づかないのです

音楽や テレビや 映画や ゲームで

小さいときから

私たちのことをプログラムしており

私たちは疑問にも思わないので

そのことすら知りません

    

 

 

陰謀論」という言葉が

CIAによって作られたという

話もありましたね。

 

近代1990年代に入り

更なる大衆を操作するための技法が

私たちが信頼するニュースの報道機関

であると続きます。

多くの人に真実を知るきっかけと

なってほしいので無料公開しているとのことです。

 

Vimeoでも観ることができます。

 

アウト・オブ・シャドウ【高画質字幕】 from エッジ・オブ・シャドウ on Vimeo.

  

vimeoの概要欄より

大手メディアやハリウッド映画のプロパガンダにより、我々は支配・操作されている。この映画の目的は、視聴者の目を開き、その邪悪な計画を企てる敵の嘘と洗脳に気付かせること——本プロジェクトは、ハリウッドのプロ達による、2年間にもわたる血と汗と涙の結晶だ。
本映画は個人制作であり、ネット上のあらゆる場所で完全無料で公開されている。自国であるアメリカを愛する者達が、真実を暴露するためだけに作ったドキュメンタリーだ。もしこのドキュメンタリーを気に入ってくれたなら、ぜひともシェアして頂きたい。
——『Out of Shadows』公式ホームページより outofshadows.org

原題『Out of Shadows』

 

 

☆それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

 ※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

  メディスンカードで読むオーラリーディング、

f:id:koboaoineko:20210128105746p:plain

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

   

ヒーリングサロン・エブリディ・マジック

(旧ティータイム・ヒーリング・サロン)の

 ホームページがリニューアルしました~!  

f:id:koboaoineko:20210128093045j:plain

 

 クリックしてね♪


人気ブログランキング  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

ありがとうございます。