あたりまえにスピリチュアル

自分らしく日々を楽しもう! より高い意識で生きるための気づきメモ

ドイツ・マインツ大学名誉教授バクディ博士の講義よりー「免疫性、開発中のワクチンについて」

スポンサーリンク

 

 

もう一つチェックしたものがあるので

載せておきます。

ドイツ・マインツ大学のバクティ博士のお話で

YouTubeで消された後、bitchuteにあげられた内容です。

www.bitchute.com

 

※字幕内容 全文ここからも読めます

http://artemis2024.html.xdomain.jp/corona/Bhakdi.txt

 

(一部抜粋)

そして最後に申し上げます

遺伝子ベースのワクチンとは 人の体細胞が「工場」となります

これは危険なのでしょうか?それとも危険ではないのでしょうか? 

(34:49)私の理論的知識上ではこれは酷く危険です

それは何故でしょう? 

それは先程取り上げましたね 

体内に侵入してきたウィルス遺伝子にスパイク…つまり結合する"手"が生成されると

そしてそのスパイクが放出されますと そのスパイクはどこかで分解されます 

すると老廃物が生じ、これは体細胞に寄って表面に配置されます

この老廃物がキラー細胞に感知されます

そして考慮していただきたいのは、あなた方の80%、若い方も年配の方もが

攻撃準備のできたキラーT細胞を保有することになり

この攻撃は自己へと向けられる…それしか考えられません 

免疫とはそういうものだからです

 

(36:09)結論です。

従来型、及び遺伝子ベースのワクチンに関する結論は

65歳以下の方にとっての「リスクvsメリット」は無限大で

なぜならメリットは確実にゼロであり

ゼロで割る数はどれも「無限大」だからです

どんなリスクも大きすぎます リスクが大きすぎるのです

65歳以上の方の「リスクvsメリット」はあるかも知れません

しかしお願いです、これは十分に行き渡った検証をした後で、リスクグループを対象に確認すべきで

若くて健康な方を対象にしてはなりません

若年層の人は老齢層の持病のある人よりも、外からの障害に対する抵抗力が強く、許容能力も高いです

しかし安全のためにはあ、ワクチンはこの老齢で持病にある人に試すべきなのです

このような検証無くして「リスクvsメリット」について、確かな責任を取れるのかは分からないのです

しかし、只今研究中の遺伝子ベースワクチンは潜在的な危険を秘めています

まともに危険なのです

それほどに危険なのに、その危険が顧みられていないため非倫理的です

これでは人体実験です 十分に必須の検証が行われていないからです

みなさん、お考え下さい

このような情景(豚インフルエンザのこと)が繰り返されるのを望まれていますか?

繰り返されても良いのでしょうか?

危険に晒されてもいない人々にワクチンが射たれて良いのでしょうか?

世界中の70億人の人々にワクチンが射たれて良いのですか?

どんな年齢層であっても?

どうか皆さんの答えをお聞かせください

もし、他のお考えであってもどうか、これが手遅れになる前に議論をさせてください

心からお願い申し上げます

国民のみなさん、皆さんは公開評議を要請する権利を主張しなければなりません

「いやだ」と言うだけではダメです

言ってもいいですが、それをもって行いとしてはいけません

自分のためではなくても…

私もこの講義は自分のためではなく… 私は患者にワクチンを射たないし、自分にも絶対に射たせません

しかし、私はこの努力を自分の子どもや孫たちのためであり、あなた方のためであり、医師たちのためにしています

医師の方々にはそうやって、人の信頼を得ていって欲しいからです

あなた自身の健康をまもり、子どもたちとそのまた子どもたちの健康を守ってください

 

f:id:koboaoineko:20210522130128j:plain

※(動画概要欄より)

2020年ブダペスト医学会議にて。
原題:COVID-19 Immunität und Impfung I immunity and vaccination (Prof. Dr. med. Sucharit Bhakdi)
【ソースとなるYouTube動画は検閲により削除され、バクディ教授自身のYouTubeチャンネルも警告されて一週間凍結されたそうです。動画保存していた人たちがコピーをアップしています】

バクディ教授はこれまでドイツで1万2000人の医師を育ててきた功績者であり、世界的に知られる微生物学、ウィルス学、伝染病額の専門家です。
2020年3月、パンデミックが騒がれ出した時点でバクディ教授は状況を観察し、分析を行い、メルケル首相に公開書状を書いて、これは恐れるに足らない「中程度のインフルエンザよりも危険度の低い感染病」であることを説明し、ロックダウンなどは行わない方針を勧めました。しかしメルケル政権はこれを完全に無視。その後メディアでバクディ教授は「陰謀論者」として晒される侮辱を受けました。しかし、教授は妻で生物学者のカリーナ・ライス教授と共に、人々の啓蒙を諦めませんでした。
この動画はハンガリーの医師連からの依頼に応えたもので、現在開発中の遺伝子ベースのワクチンについての見解を述べてくださっていますが、教授の説明は素人でも大変わかり易く、またそれを意図して広く語りかけ、議論を呼びかけるために教授はこの講義をして下さっています。
この動画の中で、教授が自分の名誉のためではなく、人々の健康と幸せを心から願う暖かい心をもった人格者であることが伺えます。翻訳させて頂けた私も感謝でいっぱいです。
ワクチンについて疑問に思われる方も多い今、この動画を皆さんが今後の判断に役立てて頂けますように。

字幕翻訳: ᗩᒪᗩᗴ ᑭᕼOᗴᑎIᑕIՏ

  

 

今、こうした内容の記事を検索される方は

一方的な報道しかなされない主要メディアや

政府や公的機関の発表に疑問を持ち

いろいろな見解や本当のところを知りたいと

思っているのではないでしょうか。

異なる見解を持つ専門家たちのを意見を排除しようと

したり、言論統制メディアが出ていること自体が

大変おかしいし、危険なことです。

 

個人的には、もうこうした偽パンデミック騒動自体が

絵空事のようにも思えますが、やはり気に留まった情報は

何らかの形でシェアせざるをえません。

インプットしたらアウトプットすることで

バランスもとれます。

何より、一部の層による長年の支配構造、

そして更なる独裁体制への誘導に対しては、

私たち個人々が立ち上がって、壊していかなければなりません。

いずれにしても、この動きと変化はとまらないと思います。

本来の宇宙と地球での新しい目覚めの時代の流れだからです。 

 

 

 

☆それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

 ※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

  メディスンカードで読むオーラリーディング、

f:id:koboaoineko:20210128105746p:plain

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

   

ヒーリングサロン・エブリディ・マジック

(旧ティータイム・ヒーリング・サロン)の

 ホームページがリニューアルしました~!  

f:id:koboaoineko:20210128093045j:plain

 

 クリックしてね♪


人気ブログランキング  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

ありがとうございます。