あたりまえにスピリチュアル

自分らしく日々を楽しもう! より高い意識で生きるための気づきメモ

COVID19、ワクチンをめぐる参考記事いくつか

スポンサーリンク

 

 

昨日だったか

ツイッターのタイムラインに

流れてきたツイートに目がとまった。

10年後に言ってくれ…

そうだよね。 

 

 

この新潟大の岡田氏の話がこちら

 

indeep.jp

 

 新潟大学って、今は亡き免疫学の権威である

あの安保徹先生もいらしたよね。

安保さんがいらしたら、たぶんやはり

パンデミックデマやワクチンについて

本当のところを語られたことだろうな。 

 

そして、

世界中 戦争中や

f:id:koboaoineko:20210408195249j:plain

というスナメリオさんの

下記の記事は、他の方がリブログされてらして

目を通しました。これも参考になります。

 

ameblo.jp

 

このところ、なかなか興味深い

デイビッド・アイク氏らが出ている動画を

見ていて、そのうち内容を紹介したいと

思っていたんですが、ちょうど

やはりこんなことを言ってた箇所がありました。

 

コビッド19(新型コロナ)の偽ワクチンを見てみましょう。これは、

ウイルスなんかとは何の関係もありません。

身体の遺伝的性質を合成物質を使って変えます。

それは身体を変化させるのです。私は夏に言ったのですが

それが出始めれば、1回のワクチンだけではなく、

毎年必要だと言うでしょう。

これは、身体の合成生物学的な状態への変換です。

「遺伝的性質を変える」「身体を変化させる」って。

 

前にあげた記事でも

高橋徳医師も言ってらしたですよね。

体を変えてしまうかもって。

 

これから始まろうとしている新型コロナの遺伝子ワクチンは

開発が優先され、あまりにも安全性が軽視されています。

このワクチンを打ったら、効くとか効かないとか

そういう問題ではありません。

いったん打ったら、死ぬか生きるか、

あなたの体が変わっていく可能性があります。

あるいはあなたの子ども、孫たちの遺伝子に影響が起こる

そういう可能性もあります。

 

everyday-spiritual.hatenablog.com 

 

 

 

食べ物の遺伝子組み換えには

注意を払っているのに、何で

人体そのものの遺伝子組み換えになるかもしれない

危険なワクチンを打ちたがるのでしょう??

まあ、いろいろな人がいるから

それぞれの選択ですけれども…。

 

何でこんなワクチンを推奨するのか

我が日本の政府や機関では…?

大体、インフルより低いのが実体なのに

偽陽性率の高いPCR検査を増やして

感染者が増えた、って報道は詐欺でしょう。

単にPCR検査での陽性者であって、

それを感染者ということにしていて

大騒ぎしているだけで

ほとんどは無症状か軽症の人たち。

そこから感染するという根拠もない。

 

こんなツイートもありました。

  

 

政府が言ったら大炎上するから、

地元の会で話してくれって…。

 

だから、政府関係者が会食はするわけだし、

昨年から、麻生さんや二階さんなんかも

内輪の会では、ただの風邪みたいなもんだって

喋ってたんだよね。

彼らは知っているんでしょ、たいしたことないって。

なのになぜか、規制をかけるために

国民は大変な状況になっているということ。

 

こんなデマにいつまで付き合っているんでしょう。

個人的には、昨年から

逆らわないけど、従わない

ってスタンスを通しています。

外に出ると、多くの人が、

実は効果のないマスク姿のままで

ほんとうにうんざりですが

最近はネットで、気づいている方たちが増えているのが

救いでしょうか。

 

本当のところに気づく方が一人でも多くなると

いいなあとつくづく思うこの頃です。

 

 

 

☆それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

 ※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

  メディスンカードで読むオーラリーディング、

f:id:koboaoineko:20210128105746p:plain

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

   

ヒーリングサロン・エブリディ・マジック

(旧ティータイム・ヒーリング・サロン)の

 ホームページがリニューアルしました~!  

f:id:koboaoineko:20210128093045j:plain

 

 クリックしてね♪


人気ブログランキング  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

ありがとうございます。