あたりまえにスピリチュアル

自分らしく日々を楽しもう! より高い意識で生きるための気づきメモ

ワークや行は、"変わらない「個」の自分を見つけるためにある"ーKan.さん

スポンサーリンク

 

 

 

人がそれぞれであるように

サイキックと呼ばれる人や

スピリチュアル・リーダーとして活躍する人にも

いろいろな方がいます。

当然、様々な教えやメソッドがあります。

それぞれ、興味を惹かれたり、縁のある場所に

行くわけですが、中には、いわゆる

わからぬまま渡り歩いて、依存する

ジプシーと呼ばれる人も少なくないようです。

 

可視できない分野だけに

判断が難しいのかもしれませんが

結局は自分の感覚や直感が信じられないという

ことなのかもしれません。

だから、依存することになるのか…。

またスピリチュアルを学ぶのはいいけれど

勝手に暴走していくいわゆるスピリチュアル・エゴが

出てくる場合もあります。

これは、レバナ先生も

視えるようになるとエゴが出てくる人がいて悲しいと

言ってました。

 

私が透視のスクール(クリアサイト)に在籍した当時は

エネルギーのシフトが大きいため、混乱しないように

卒業するまではここだけに専念するよう言われていました。

それにしても、今になってつくづく思うのは、

本当に基本をしっかり教えてもらっていて

よかったということです。

 

スクール自体は、

個人の成長と人生に役立てるためのもの

だったので、卒業したからといって、

皆が透視リーダーやヒーラーとして

やっていく必要はありません。

どこで何をしていようと、スクールで学んだスキルを実践して

クリアになることで、1人1人が波動を高めていければ、

それが世の中全体にも影響するのだと言われてたのを

思い出します。

何の世界でもそうですが、まあ好みもありますけど

本格的にやりたければやはり適切な師につくのは

大事なことなんですよね。

 

さて、タオの秘教

クンルンネイゴンの継承者であるKan.さんのお話が

掲載されている船井フォーラムの冊子『にんげんクラブ』を

期せずして貸してもらい、パラパラ読んでた中から

目に留まったので載せておきます。

 

――いろいろな行やワークは、何のためにあるのでしょうか。

Kan. 何のため、はそれぞれ人によって、ワークによって変わってくるし、自分で見つけるものです。しかし、共通して言えるのは、変わらない「個」の自分を見つけるためにある、と言えるでしょう。

 楽しみにしているドラマがあったとして、普通の調子のいいときは楽しめると思うのですが、お腹が痛い、頭が痛い、具合が悪いとか、自分の嫌いな人から電話がかかってきたとか、何か自分にとって嫌なことがあったときには、あれだけ楽しみにしていたドラマが全然味気なく感じるときがありますよね。これは、ドラマ自体が味気なくなっているわけでないし、自分の行動が変化したわけじゃない。自分の好みが変化したわけでもありません。変化しているのは、ころころ変わる自分です。ころころ変わる部分は、人生をいろいろ楽しいとかつまらないとか思ったりする部分なので、いろいろあっていいと思います。

 あっていいけれど、ある種のワークというのが何のためにあるかというと、ころころ変わる自分でなく、その奥にいる変わらない自分を見つけるためにやるのです。その変わらない自分を見つけると、嫌だとかつまらないとか思っていた自分も、すべて変わります。変わらない自分が見つからずに、好きなことだけをやっていると、好きなことの中に嫌いなことが出てきてしまいます。

 

ころころ変わらない、本当に個の自分に意識が行けば

得意なものは楽しもうと思えるし、

不得意なものは自分の可能性が広がる、という感じに

なるという。

不得手なものは上手くいかないものながら

不思議と、上手くいかないと能力が出てくるのが

人間だとも。

 

 ところが、意識がころころと変わるほうに行くと、いいことに出会っても、好きな事だけやろうと決めていても、昨日まであんなに好きだったものが苦痛になってしまいます。

――

 だからワークをする際は、あわてることなくごくごく自然に、好きなことをやるとかやらないとかよりも、そうか、この奥に変わらない自分がいるのか。その自分を見つけるために自分はこういうことをやっているのだな、という意識を少しだけ残しておく。そうすると、そこに進んでいきます。  

            『にんげんクラブ』2018年8月号

 

そういえば

いろいろなワークをやるのはいいけれど

飽きちゃったり、一生懸命やるあまり

疲れちゃったりことがあるかもしれません。

なるほど、何のためにやるのか

大事なポイントですね。

 

また以前

Kan.さんの本には、

「ワークショップに解決を求めるな」という言葉がありました。

たとえば、美容院やマッサージに行くように、

ワークショップを「利用する」のはいいことだけれど

過度の期待を抱いたり、依存しないことだと

書かれていました。

「日常」こそ、ありふれた時間を大切にすると

言われてたんですよね。 

問題は解決するな

問題は解決するな

 

 

実は

あまりないことなんですが

さっき書いてたのが

画面のトラブルで消えちゃった(;´・ω・)ので

やはり違うのかもと、新たな話題に

切り替えました。

 

Kan.さんのお話にはとても惹かれるので

機会があったら読みたいと思ってたら

昨日、たまたま何冊かこの冊子を

貸してもらえたんです。

 

以前の記事では

こちらでも触れていますが 

everyday-spiritual.hatenablog.com

 

また気に留まったら

ご紹介したいと思います。

 

☆それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です☆

 ※日々をより軽やかに自分らしく輝いて生きるために

    メール・リーディングのご案内

  メディスンカードで読むオーラリーディング、

 スピリチュアル・カウンセリングなどご活用ください。

 ただ今、新メニューのキャンペーン中!(4月末まで)

 

 

ティータイム・ヒーリング・サロンの

 ホームページがリニューアルしました~!  

f:id:koboaoineko:20190322112723p:plain

 

 

 クリックしてね♪


人気ブログランキング  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

ありがとうございます!